ベルトコンベアー必須説│機械の支えで成り立つ現代

作業員

製品運搬に欠かせない

作業員

工場機械でよく使われているものと言えばコンベアです。製品を運ぶ際に使われるコンベアには、様々なタイプのものがあります。機械部品を運ぶタイプや食品を運ぶタイプ等の種類があります。運ぶものによりコンベアベルトを使い分けると効率よく運ぶことが出来、製品をスムーズに次工程に運ぶことが出来ます。コンベアベルトで代表的なのは平らなゴムで出来たもの、丸い形の紐状のゴムで出来たもの、プラスティックのローラータイプのもの等があります。包装前の食品を運搬する際は、丸い紐状のゴムコンベアを利用すると運搬し易いです。包装後の食品ならばプラスティックのローラータイプのものが運搬に適しています。金属を運ぶなら平らなゴムコンベアが適しています。

コンベア製品は物を運ぶのに便利な為様々な場面で利用されていますが、使えば使うほど劣化してくるものでもあります。例えば丸い紐状のゴム製コンベアベルトならば、使い込むうちにゴムが伸びてしまい製品を運ぶスピードに変化が生じることがあります。また、ゴムが切れてしまうこともあります。平らなゴム製コンベアベルトも使い込むと伸びてしまい、製品を運ぶのに支障が出ることもあります。ローラー型のコンベアベルトならば、ローラーにゴミが付着することでローラーの回転が悪くなり、製品の運搬に支障が出ることもあります。このような事態を防ぐためには、コンベアベルトの早めのメンテナンス・交換が必要になります。早めに対策を打つことで製品運搬がスムーズに行えます。