ベルトコンベアー必須説│機械の支えで成り立つ現代

作業員

多くなるごみ

分別が大切

工事

産業で出るごみを処分しているところが、産廃場になります。産廃場に持ってこられるほとんどのごみが分別を行っていない混合廃棄物として持ち込まれます。この混合廃棄物は分別が行われていないため人の手による分別が必要になってきます。この混合廃棄物を可燃物と不燃物に分けその分けられた不燃物をさらにどんな種類の不燃物なのかを人の手を通して分別をします。ものすごく時間と手間が必要になってくるために混合廃棄物の処分料金は分別されているものに比べれば多くの処分料金を必要とします。この処分料金を低くするためには作業現場であらかじめ分別を行って回収をすることが処分料金を少なくするコツになります。現場で分別を行って回収してそれを産廃場に持ち込むことによって低コストでごみの処分をおこなうことができます。

現場で分別を行う場合、専用の機械が必要不可欠です。波動フルイ機やべルトコンベヤー、クラッシャー、シュレッダーなどの機械で、選別したり、細かくしたりして産廃場に持込ます。これらの機械は、購入やレンタルをして利用することが可能になります。最近では、レンタルをする企業が多くなっています。購入した場合、保管場所や定期的なメンテナンスが必要です。しかし、レンタルの場合は、そのような手間がありません。また、排出された混合廃棄物に応じた機械を選ぶことが可能になります。レンタル費用は、機械の種類やレンタル期間によって大きく異なるので問い合わせてみましょう。